HDIアカデミー2019

2019/10/18 9:45~10:30

京王プラザホテル

レポート担当:営業部 稲月

facebook twitter line
Copy link

2019年10月18日に開催された、HDI-Japan主催の「HDIアカデミー2019」にゴールドパートナーとして出展・登壇をさせていただきました。
本アカデミーは、コンタクトセンターを運営するHDI会員企業様を対象に、サポートサービスの先進事例とノウハウのシェアを目的として開催されており、今回で18回目を迎えました。
null
当社からは、営業部 部長の岩崎が登壇し 「最新の自然言語処理AIが実現する!業務効率化と“顧客の声”活用」 と題して、講演をさせていただきました。
講演では、昨今の少子高齢化問題などによる人員不足の課題や、コールセンター現場の課題感を再確認した上で、実際のお客様事例をもとに、自動応答システム「QuickQA」を用いたオペレータ支援システムおよびチャットボットの導入、お客様の声活用を目的とした対話要約分類システム「QuickSummary」について、導入のポイントと効果を紹介させていただきました。

「QuickQA」は日本語を得意とする純国産の自動応答システムで、自然で高精度な回答を実現します。
また柔軟なQA管理が可能なため、KCS手法によるオペレータ用FAQ整備から、蓄積したFAQを活用したチャットボットの導入や音声認識エンジンと連携させたOP支援システム構築まで一気通貫な支援が可能です。
実際にご利用いただいている家電メーカー様では、販売数が増加しているにも関わらず、人員数は変わらぬまま、応答率が向上しました。

「QuickSummary」は弊社で開発した自動要約・分類システムで、コールセンター業界においては、お客様の生の声の把握・分析にご活用いただいています。汎用的なモデルを有しており、学習データなしでもご利用開始が可能です。
地方銀行様での実証実験における精度検証では、要約正解率・分類正解率・重要度正解率といったKPIで、70-80%以上の高いスコアで実用性が確認されました。

本アカデミーは、有料会員のみが参加できるイベントで、皆様の課題解決に向けた高い意識と、新しいテクノロジーへの期待感を感じることができました。
ご来場の皆様におかれましては、当社セッションをご清聴いただきありがとうございました。

今回紹介させていただいた、自動応答システム「QuickQA」および自動要約・分類システム「QuickSummary」についてはこちらで詳細を案内しております。
自動応答システム QuickQA
自動要約・分類システム QuickSummary